2016年02月28日

荘子 斉物論篇 24 飛ばした分のを戻った。




2016年2月28日(日)

荘子T 中公クラシックス 森三樹三郎
内篇 第二 斉物論篇
p66〜68
24


引用:p67:森三樹三郎:
「 〜 だから真のめざめがあっこそ、はじめてこの人生が大きな夢であることがわかるのだ。それなのに世のなかの愚かどもは、自分では目がさめているつもりで、こざかしく知ったかぶりをし、あれはとうとい、これは卑しいなどと、差別の知をはたらかせるものだ。愚かしいかぎりではないか。
〜」
 引用終了。



引用者:kurage0147130:
 この引用した部分は、僕らのことが書いてある。僕は右往左往しているけれど、目先のことにこだわってあくせくしているだけだ。僕の利害は夢の中のバカ騒ぎと呼んでもいい類の話になる。

 僕は自分にものすごく執着していて、他人や自分が見えていない。ただひたすら自分に執着している。内向してきた。自分にも他人にも楽に接することができるようになるのは遠いことだと思う。

 なぜ自分に執着するのか。内向して自分しか見えてこなかったというのが今のところの結果。これからは、意識が外を向いて、自己の執着が薄れ、余裕が出てこないと他者も存在してこない、自己に他者の立場が立ち現れてこないと思う。

 この世が夢というのは、自己の執着を離れ、この世界の自己を媒介とした自己他者世界を離れ、俯瞰するくらい余裕のある状態だと思う。そこでは、いろいろな世の中の問題が立ち現われ、かつ執着せず見ることができるような、世界を夢と言い切ることができるくらいの、しがらみ・執着・思い込み・願望・期待・憧れを捨てるくらいの、断ち切りというか、離脱というか・転回が必要なのかもしれない。そんな日は来るのか? 
posted by kurage0147130 at 16:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 荘子・老子の読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集