2016年03月14日

老子 第40章



2016年3月14日(月)

老子 蜂屋邦夫 岩波文庫ワイド
第40章 p193〜194

前半を引用して、後半は、蜂屋先生の注から訳します。


(引用:p193:蜂屋邦夫:「根本に回帰していくのが道の運動であり、柔弱なのが道の作用である。〜」)と、引用しました。




 続きのp194蜂屋邦夫先生・注からの訳

(引用者:kurage0147130:天下のものは、「一」「二」「三」から生じて、「一」「二」「三」は道から生ずる。

 となりましたが、何を言っているのかわかりません。

天下のものは一から生じて、一は道から生じる。

これなら少しわかりやすいけれど、一とか、道がはっきりしない。僕の中であいまいなので、モアッとしてハッキリしない。よってよくわからない。<次回へ続く>
posted by kurage0147130 at 22:34| 北海道 ☔| Comment(0) | 荘子・老子の読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集