2016年03月27日

荘子 養生主篇 3



2016年3月27日(日)
荘子T 中公クラシックス 森三樹三郎

内篇 第三 養生主篇
p80〜81

3

 公文軒(こうぶんけん)と右師(うし・刑罰で足を切られた人)の会話。


(引用:p80:森三樹三郎:「〜天命で、こうなったのだよ。人間がやったわけではない。天がわしを生んだときに、一本足になる運命をくれたのだ。だいたい人間の顔かたちというものは、すべて天から授かったものだ。〜」)


(引用:p81:森三樹三郎:「*〜一本足にしたのは人間である。しかし人間をそうさせる背後には、天命があり、運命がある。運命への随順ということは、荘子の根本思想の一つである。」)


引用者:kurage0147130:足を切られたのに人や天を憎まず、運命だと受け入れる。

 僕は統合失調症だけれど、調子の悪い不利な日は、周りに殴られそうな日には、周りをコノヤローと思い呪っている。


 僕のこの不利な日を呪わないで、天命によって僕の調子の悪さはあらかじめセットされている(僕の調子が悪くなるから周りに攻められるのではなく)=天命であらかじめ調子が悪く攻められるように僕はセットされた人間だと受け入れる回路をもてば明るくなるだろうか?


 統合失調症にこれをあてはめると、僕の調子が悪くなるから不安定で居心地が悪いのではない。


僕が統合失調症になり・不利になったり責められるのは天命により与えられた僕の権利だ=僕は統合失調症になる権利を与えられた=僕は統合失調症をやる、またとない権利を与えられた、そういう存在だ。
僕は、統合失調症という権利もち、楽しむための機会を生かすべきだ。天に統合失調症を感謝しよう。僕の人生に与えられた、よい機会だ。


 荘子得意のひっくり返す見方だ。
エビリファイを、一日12mg飲んでいるおかげかな。
お医者さん、どうもありがとうございます。



posted by kurage0147130 at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | 荘子・老子の読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集